コンテンツにスキップする
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

ドイツ銀株が再び最安値更新、欧州銀の苦境浮き彫り-追加利下げ懸念

  • 欧州銀の失われた10年は無期限に続く恐れ
  • ECBはマイナス金利をさらに引き下げるもよう
EDITORS NOTE: Image was created using a variable planed lens. The Deutsche Bank AG twin tower headquarters stand in Frankfurt, Germany, on Monday, July 1, 2019. Following the collapse of merger talks between Deutsche Bank and Commerzbank, German Finance Minister Olaf Scholz changed his message from supporting a national champion to backing a cross-border merger.
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

ドイツ銀行の株価が15日、フランクフルト市場で再び最安値を更新した。しかしこれは同行だけの問題ではない。欧州の銀行株では同じくドイツのコメルツ銀行も同日に上場来安値となったほか、スペインのバンキア、イタリアのウニクレディトなども過去最低付近で推移している。

  浮き彫りになるのは、政策金利見通しの反転に伴う影響の深刻さだ。最近まで金利正常化に向かうと思われていた欧州中央銀行(ECB)は、マイナス金利をさらに引き下げる方針のもようで、欧州銀の失われた10年は無期限に続く恐れがある。金融危機後に相場が底打ちすると、米銀株は7倍近くに上昇してきたが、欧州銀の株価は停滞している。

  過去の不祥事に絡む巨額コスト、金融危機後の欧州当局の対応の遅さで不良債権処理が進まなかった状況、銀行同盟が完了せず業界再編が困難なほか、政府と銀行の負の連鎖を断ち切ることもできないなど、欧州銀の不調の原因は多いが、マイナス金利の深掘りはこうした逆風を増幅させる。

  銀行株は今年の欧州市場でパフォーマンスが業種別で最悪。ドイツ銀株は15日、2.7%安で終了。コメルツ銀株は1.9%安だった。 

Stocks of lenders in the region have barely budged since the last crisis

原題:Deutsche Bank’s Fresh Low Underscores European Banking’s Decline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE