コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

キャセイ航空、中信銀行国際も利用禁止-国有企業のボイコット拡大

  • 旅行の安全を確保するのが目的だと中信銀行国際の担当者
  • 中国華融国際や中国華潤もキャセイ便を利用しないよう従業員に指示
A pedestrian walks past a China Citic Bank Corp. branch in Shanghai, China, on Tuesday, March 21, 2017. China Citic is scheduled to release full-year earnings results on March 22.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

キャセイパシフィック航空の航空便の利用を避けるよう従業員に指示した中国国有企業がまた1社現れた。香港での反政府デモに従業員が参加したことで、キャセイへの圧力が強まっている。

  中国国有の中国中信集団傘下で香港に本拠を置く中信銀行国際は14日、ビジネス目的で「キャセイパシフィックグループの運航便を利用してはならない」とのメッセージを従業員に送り、即時実施とした。ブルームバーグが閲覧したメモのコピーで明らかになった。同行の担当者はそうした指示が本当だと認めた上で、旅行の安全を確保するのが目的だと説明した。

  私的な旅行については、従業員は「関係当局から安全上の警告が出ている」航空会社を使った旅行を避けるべきだとしている。

  同行に先立ち、中国華融国際や複合企業の中国華潤も従業員にキャセイ便を利用しないよう指示していた。中国は香港のデモ活動に対する圧力を強めており、知名度の高いキャセイに矛先が向けられた格好だ。同社の株価は今週、10年ぶりの安値に落ち込んだ。

  ボイコットについてキャセイにコメントを求めたが、今のところ返答はない。

原題:Citic Joins Chinese State Firms Boycotting Cathay Pacific(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE