コンテンツにスキップする

中国、香港境界で渡航者のスマホ検査-抗議活動の広がり水際で防ぐ

  • ロック解除求められ、携帯内の写真調べられた-ファンドマネジャー
  • チェックされた渡航者は40歳未満が多かったようだ-香港の学生
Operations at Hong Kong International Airport After Chaotic Night of Protest
Photographer: Bloomberg/Bloomberg
Operations at Hong Kong International Airport After Chaotic Night of Protest
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

中国当局は香港からの渡航者が所持するスマートフォンの検査に乗り出している。スマホのロックを解除させ、チャットのメッセージやソーシャルメディアの内容を検査員が調べているという。香港で続く抗議活動の広がりを水際で防ぐための新たな措置だ。

  あるファンドマネジャーは今週、香港との境界の深圳で携帯電話のロックを解除するよう求められ、検査員が「ワッツアップ」や「微信(ウィーチャット)」のアプリ、保存していた写真をチェックしたという。職員は香港での抗議活動の写真をどのように入手したのか、なぜ写真を保存していたのかをファンドマネジャーに尋ね、グループディスカッションからデモに関する情報を削除したと匿名を条件に明かした。

  香港での抗議活動が本土に波及する、あるいは台湾の独立派を勢いづけるとの懸念から、北京(中央政府)が香港デモに関する情報の流入を防ぐ取り組みを強化していることをあらためて示している。国内メディアの報道が厳しくコントロールされているほか、香港に渡航する市民への監督を強化する都市も多い。

  11日に中国本土を訪れた香港の学生は、自身が携帯電話に保存していた写真を境界警備の当局者が細かく調べたと明かす。スマホの中身をチェックされた渡航者は40歳未満の人が多かったように見えたという。

  香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は香港から本土を訪れた10人が携帯電話をチェックされたと話したと先に報じていた

  国務院の香港・マカオ事務弁公室に電話したが、応答がなかった。国家移民管理局と深圳で検問を担当する部署のウェブサイトには連絡先情報が示されていない。

原題:China Border Agents Probe Hong Kong Travelers’ Devices (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE