コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

ウーバー株が過去最安値-期待外れな決算なお響くとアナリスト

  • 株価終値は6.8%安の33.96ドル、5月の上場以来の安値
  • 4-6月決算は赤字、売上高は予想下回る-同業リフトと対照的
A monitor displays Uber Technologies Inc. signage during the company's initial public offering (IPO) on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Friday, May 10, 2019. The No. 1 ride-hailing company's shares will start trading on the New York Stock Exchange after it raised $8.1 billion in the biggest U.S. IPO since 2014, pricing shares at $45 each.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

14日の米株式市場で配車サービスの米ウーバー・テクノロジーズの株価が下落し、過去最安値となった。世界的な景気減速懸念から市場の地合いが広範に悪化したほか、先週の4-6月(第2四半期)決算への失望が引き続き響いているとアナリストは指摘した。同社株は新規株式公開(IPO)以来、IPO価格を下回っている期間の方が上回っている期間よりも長い。

  ウーバー株は6.8%安の33.96ドルと、5月の上場以来の安値で終了。一時は8.5%安を付けていた。同社は上場以来、時価総額の約24%を失っているが、その多くは決算発表後に被った。競合するリフトの決算が市場予想より良好だったのとは対照的に、ウーバーは売上高が予想に届かず、純損益は過去最大となる52億4000万ドル(約5550億円)の赤字となった。

Shares fall to record low, extending post-IPO loss to 24%

原題:Uber Drops to Record Low as ‘Frustrations’ Persist Over Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE