コンテンツにスキップする

米シスコシステムズ 、低調な売上高見通しで株価急落

  • 8-10月期売上高は横ばいから2%増にとどまる見通し
  • 予想発表を受けて時間外取引で株価は一時7%余り下落

シスコシステムズは14日、8-10月(第1四半期)の売上高が前年同月比で横ばいから2%増にとどまる見通しを示した。低調な売り上げ見通しは、米中貿易紛争と世界経済減速を受けて企業がコンピューターネットワークの更新を控えていることを示した。

  シスコの予想通りなら、8-10月の売上高は最低129億ドル(約1兆3600億円)となる。アナリスト予想平均は134億ドルだった。シスコは調整後1株利益を80-82セントと予想した。

  決算発表を受けてシスコ株は時間外取引で一時7%強下落した。同社は14日の通常取引では前日比4%安の50.61ドルで終了。

  5-7月(第4四半期)決算では、純利益が22億ドル(1株当たり51セント)と、前年同期の38億ドル(同81セント)から減少した。一方、売上高は134億ドルで、7四半期連続の増収となった。一部項目を除いたベースの1株利益は83セントで、ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均は82セントだった。

Cisco Achieves Sustained Sales Growth?

CEO Robbins moving company into software

Source: Bloomberg

原題:
Cisco Gives Lackluster Revenue Forecast, Sending Shares Lower(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE