コンテンツにスキップする
Photographer: Dhiraj Singh/Bloomberg

米連邦航空局、リコール対象の「MacBook Pro」の機内持ち込み禁止

  • 米主要航空会社に対しアップルのリコールについて警告
  • アップルは6月にバッテリー発火リスクを理由にリコール発表
An employee is illuminated by the screen of an Apple Inc. laptop computer as he works at Flock's office in Mumbai, India, on Wednesday, June 28, 2017. Flock, a cloud-based team collaboration service that has attracted 25,000 enterprise users and customers, is pitched as a way to share ideas in real time while doing away with communication hierarchies, at a cheaper price than rival services.
Photographer: Dhiraj Singh/Bloomberg

米航空当局はアップルが最近バッテリーの発火リスクを明らかにしたノート型パソコン(PC)「MacBook Pro(マックブック・プロ)」の一部モデルについて、航空機への持ち込みを禁止した。

  連邦航空局(FAA)は発表文で「アップルのマックブック・プロの一部製品に使用されているバッテリーのリコールを認識し」、米国の主要航空会社にリコールについて警告したことを明らかにした。

  FAAはリコール対象のバッテリーを搭載した製品に関する2016年の安全上の指示に従うよう航空会社に促した。アップルのリコール対象のノート型PCは、貨物もしくは搭乗客の手荷物として機内に持ち込めなくなる。

relates to 米連邦航空局、リコール対象の「MacBook Pro」の機内持ち込み禁止

15インチのモデル

Source: Apple Inc.

  欧州航空安全庁(EASA)も今月、マックブック・プロの一部モデルに関して警告を発しており、リコール対象のリチウムイオンバッテリーを搭載した機器は飛行中に電源を切り使用しないことを義務づけた17年のルールに従うよう域内航空会社に通達した。

  アップルの問題のノート型PCは15年9月から17年2月にかけて販売された15インチ型マックブック・プロの一部モデル。同社は今年6月、「限られた数の旧型マックブック・プロの15インチモデルで、バッテリーが過熱し発火するリスクがある」としてリコールを発表していた。

原題:U.S. Regulator Bans Recalled Apple Laptops From Flights(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE