コンテンツにスキップする
Photographer: Erica Canepa/Bloomberg

アルゼンチン資産が続落-米国債へのスプレッド、ザンビア上回る

  • 通貨ペソはさらに6%下げ、100年債は過去最安値を更新
  • アルゼンチン債の米国債に対するスプレッドは世界2番目の大きさ
Pedestrians are reflected in the window of a restaurant in Buenos Aires, Argentina, on Tuesday, Aug. 13, 2019. In the wake of President Mauricio Macri's stunning rout in primary elections over the weekend, investors dumped its stocks, bonds and currency en masse, leaving much of Wall Street wondering whether the country was headed for yet another default.
Photographer: Erica Canepa/Bloomberg

アルゼンチンの資産価格が13日も続落した。11日に実施されたアルゼンチン大統領選予備選で現職のマウリシオ・マクリ氏が野党候補に予想外の大差をつけられたことが、今後の政治の見通しを修正する動きにつながった。

  12日に15%急落した通貨ペソはさらに6%値下がり。同国の100年債は額面1ドル当たり過去最低の49.85セントに下落。2021年償還債の利回りは46%に急上昇した。JPモルガン・チェースの指数によると、アルゼンチン債の米国債に対するスプレッドはザンビアを上回り、ベネズエラに次いで2番目の大きさとなった。

Argentina's risk premium is the second highest in the world, only after Venezuela

  CMAのデータによると、資産急落に伴い、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場ではアルゼンチン債の5年間の保証コストが45.8%に急騰した。これはデフォルト(債務不履行)の確率が約80%であることを意味する。

  予備選の結果を受け、アルゼンチンが為替管理を含むポピュリスト政策に戻ることを投資家は懸念している。マクリ大統領の予想外の苦戦は、10月27日に実施される本選での再選の可能性を大きく低下させた。野党候補のアルベルト・フェルナンデス氏は12日にデフォルトを望まないと述べたが、市場の懸念を和らげることはできなかった。

原題:
Argentina Assets Extend Slump as Election-Fueled Rout Deepens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE