コンテンツにスキップする

ドル・円下落、米金利低下や米中交渉への慎重な見方で-106円台前半

更新日時

東京外国為替市場のドル・円相場は下落。米長期金利の低下や米中通商交渉に対する慎重な見方が相場の重しとなった。

  • 午後3時35分現在のドル・円は前日比0.3%安の1ドル=106円42銭。早朝に付けた106円77銭を日中高値に相場は徐々に値を下げた
  • ユーロ・ドル相場はほぼ変わらずの1ユーロ=1.1172ドル

  • ドル・オフショア人民元相場は0.3%高の1ドル=7.0305元

市場関係者の見方

三菱UFJ銀行金融市場部為替・エマージング通貨トレーディンググループの佐藤真吾上席調査役

  • 米国の対中関税が一部延期となったものの、米中交渉の具体的な進展はなくドル・円は下落。中国の米農産物購入拡大や米政権による華為技術(ファーウェイ)への規制緩和などで進展は伝わっていない
  • 中国の小売売上高・生産などの指標が市場予想を下回って若干リスクオフになったが、影響は限定的。過去の数字より将来の米中協議の行方の方が重要

三井住友銀行の宇野大介チーフストラテジスト

  • ドルショート(売り建て)のあぶり出しが収まり、戻り売りで反落
  • 米国の対中関税は一部延期になったが、関税がなくなった訳ではなく、3カ月延びただけ。中長期的には両国とも引かない姿勢だろう
  • 米利下げ継続を強要されることは変わらず、米金利も押し目買いで低下
ドル・円相場の推移

背景

  • 米長期金利は時間外取引で3ベーシスポイント(bp)低下の1.67%程度
  • 米国、中国への10%関税で一部品目の発動延期-年末商戦に配慮か
  • 中国は9月の米国との貿易交渉の計画維持-米国の関税一部延期後

  • 中国、米軍艦の香港寄港を拒否-貿易や香港デモ巡る対立の中で

  • 中国経済、7月は予想上回る減速-工業生産は17年ぶり小さな伸び

Japanese Yen and U.S. Dollar Banknotes Ahead of US-Japan Trade Talks

Japanese yen banknotes of various denominations are arranged for a photograph in Tokyo, Japan on Sunday April 14, 2019. U.S. Treasury Secretary Steven Mnuchin said he wanted a currency clause in a trade deal with Japan to prevent deliberate manipulation of the yen to bolster exports, Japanese public broadcaster NHK said.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE