コンテンツにスキップする
cojp

グリーンスパン氏、米国債利回りのマイナス化を阻止するものない

グリーンスパン元連邦準備制度理事会(FRB)議長は、米国債の利回りがマイナスにまで低下しても驚かないだろうと語った。そうなったとしても、大したことではないとの見方だ。

  グリーンスパン氏(93)は電話インタビューで、「債券市場では国際的な裁定取引が進行中で、それが米長期債利回りの低下を後押ししている」と指摘。「米国債利回りがゼロ以下になるのを妨げるものは何もない。ゼロは何の意味も持たない」と述べた。

Tax Cut Billions Fail to Spur Spending as CEOs Safeguard Profits

グリーンスパン氏

Bloomberg

  パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のグローバル経済顧問、ヨアヒム・フェルズ氏は今月、マイナス利回りの債券が買われる理由の一つには、時間選好に関する経済の基本的な理論の変化があると主張。平均余命の伸びや高齢化で現在の支出よりも将来の消費に人々が価値を置くようになったと説明した。

  グリーンスパン氏はフェルズ氏の主張が極めて妥当であり、マイナス利回りの債券が増えている理由でもあるとした上で、「永遠には続かない」との考えを示した。

Treasuries rally amid surging global demand

原題:Greenspan Sees No Barriers to Prevent Negative Treasury Yields(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE