コンテンツにスキップする

香港行政長官、域内混乱で「奈落の底」の恐れと警鐘-警察の対応擁護

  • 住宅地や鉄道駅での催涙ガス使用をあらためて擁護
  • 辞任や「逃亡犯条例」改正案の正式撤回に関する質問には答えず

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は13日、域内で続く混乱によって香港が「奈落の底」に落ちる恐れがあると警鐘を鳴らした。何週間にも及ぶ混乱への政府対応を巡る主な質問をかわす姿勢は今回も変わらなかった。

  林鄭長官は記者会見で、警察が住宅地や鉄道駅でデモ参加者に催涙ガスを使ったことをあらためて擁護。当局のやり方を問題視しない考えを示した。同長官は辞任や「逃亡犯条例」改正案の正式撤回をすべきではないかとの質問を大声で繰り返し受けたが、答えなかった。

香港での抗議活動に関して記者会見する林鄭月娥行政長官

(Source: APTN)

  林鄭長官は香港市民に「致命傷」を負うリスクへの警告を発する際に言葉に詰まったように見えた。「私は皆さんに偏見を脇に置き、落ち着いて香港に目を向けるようあらためて呼び掛ける。われわれは本当に香港を奈落の底へ落としたいと考えているのか」と話した。

Hong Kong Braced For More Protests

香港の湾仔(ワンチャイ)で行われた抗議活動で催涙ガスに水をかけるデモ参加者ら(8月11日)

Photographer: Kyle Lam/Bloomberg

原題:Hong Kong Chief Defends Police, Chokes Up in Rowdy News Briefing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE