コンテンツにスキップする
Subscriber Only

被告死亡の勾留施設に深刻な規則違反-米司法長官、徹底調査を表明

ジェフリー・エプスタイン被告

ジェフリー・エプスタイン被告

Photographer: Rick Friedman/Corbis News

米国のバー司法長官はジェフリー・エプスタイン被告を収容していた連邦勾留施設には「深刻な規則違反」があったとし、同被告が死亡した後も犯罪被害者のために正義を追求すると表明した。少女らの性的搾取を目的とする人身取引の罪で起訴されたエプスタイン被告は、収容された施設で死亡した。

  バー長官は12日、ニューオーリンズでのイベントで講演。「この施設には深く憂慮すべき深刻な規則違反があったことが分かってきた。徹底的に調査しなくてはならない」と発言。「何が起きたか、真相を突き止める。責任の所在を明らかにする」と述べた。

  エプスタイン被告は10日朝、監房内で意識不明の状態で見つかった。発表文によると、施設職員は蘇生を試み、救急救命士を呼び近くの病院に搬送されたが、病院スタッフが死亡を確認した。

  ニューヨーク市のバーバラ・サンプソン検視局長は発表文で、エプスタイン被告の司法解剖は11日に行われたと明らかにした。ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙の報道によると、サンプソン氏は同被告が首をつって自殺したと確信しているが、死因の断定は捜査当局からの情報を待ってからにしたい考えだ。

  連邦刑務局によれば、連邦捜査局(FBI)が捜査に乗り出している。

原題:Barr Says Prison Where Epstein Died Has ‘Serious Irregularities’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE