コンテンツにスキップする

キャセイ航空株、10年ぶり安値-社員デモ参加に中国当局が圧力

更新日時
  • 香港株式市場でキャセイは4.9%安、09年6月以来の安値
  • キャセイはパイロット1人を職務停止、従業員2人を解雇

12日の香港株式市場でキャセイパシフィック航空の株価が大幅下落、約10年ぶりの安値に下げた。香港での抗議活動に一部の従業員が加わったとして、中国当局がキャセイへの圧力を加えたことが嫌気された。

  キャセイの株価は4.9%安の9.8香港ドル。終値ベースで2009年6月以来の安値となった。親会社である香港の複合企業、スワイヤー・パシフィックの株価も6.2%安の76.70ドルと、ほぼ4年ぶりの大幅安となった。

  中国民用航空局は9日、キャセイに対し、最近のデモ活動を支援した従業員を対象とした本土便の乗務禁止などを盛り込んだ一連の要求事項を通告するとともに、身元確認および承認のために本土便に乗務する乗員全員の情報を提出するよう求めた。

  キャセイはこれを深刻に受け止めると表明、抗議運動中に拘束されたパイロット1人を職務停止とし、従業員2人を「不適切な行動」を理由に解雇した。  

  中国は従業員のデモ参加を支持、少なくとも容認したとみられる企業に対し、圧力を強めたもよう。先週末には香港の地下鉄駅で、警察がデモ参加者に暴力を振るう様子が撮影されており、当局が力による取り締まりを強化したことが公になった。

Unrest In Hong Kong During Anti-Extradition Protests

11日に香港国際空港の到着ロビーを埋め尽くすデモ参加者

Photographer: Anthony Kwan/Getty Images

原題:Cathay Falls as It Draws China Wrath Over Hong Kong Protests (2)(抜粋)

(株価を更新し、全体的に書き換えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE