コンテンツにスキップする

豪中銀総裁、追加利下げの用意表明-景気「なだらかな転換」も

  • 景気減速の最悪期は過ぎた可能性があるとの認識、議会で示す
  • 非伝統的政策を検討するのが賢明-豪州での活用の公算小さい

オーストラリア準備銀行(中央銀行)のロウ総裁は、過去最低水準にある政策金利のさらなる引き下げに踏み切る用意があると表明した。ただ実際には、景気減速の最悪期は過ぎた可能性があるとの認識も示した。

  ロウ総裁は9日にキャンベラで開かれた議会委員会での証言テキストで、「経済がなだらかな転換点に達したかもしれない兆しがある」と指摘。「これに沿った形で、期待外れの数字が続いていた国内総生産(GDP)の伸びも、四半期ベースで徐々に回復すると見込まれる」と語った。

relates to 豪中銀総裁、追加利下げの用意表明-景気「なだらかな転換」も

ロウ総裁

Photographer: Mark Graham/Bloomberg

  豪中銀は景気てこ入れと失業率の押し下げを狙い、6月と7月の2会合連続の利下げによって政策金利を過去最低の1%とした。

  米中の経済対立が先鋭化し、世界中で景気信頼感や投資の重しとなる中、豪中銀は他の先進国の中銀と同様、金融緩和策を講じた形だ。

  ロウ総裁は半年に一度の議会証言で、「そうでないことが望ましいのかもしれないが、世界的に金利が低ければ、豪州でも低くなるという事実は避け難い」と話した。

  また、「豪州の変動相場制の下で、景気循環的な観点から金利を設定することが可能ではあるが、世界中の貯蓄・投資判断を背景とした世界の金利の長期的な変動からわれわれを防護することにはならない」と述べた。

  このほか、非伝統的政策について検討するのが賢明だとしつつも、豪州の場合、それを活用することになる公算は小さいとの見方をあらためて示した。

原題:RBA Ready to Ease Again, But Lowe Sees ‘Gentle Turn’ in Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE