, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米司法省がグーグルの広告・検索事業を精査、反トラスト調査

  • 当局者はグーグルに不満抱える第三者企業と積極的に会合
  • 反トラスト局弁護士の昇格、バー司法長官の関心の強さを示唆か
The Google Inc. logo is displayed on an Apple Inc. laptop computer in this arranged photograph taken in Little Falls, New Jersey, U.S..

The Google Inc. logo is displayed on an Apple Inc. laptop computer in this arranged photograph taken in Little Falls, New Jersey, U.S..

Photographer: Gabby Jones/Bloomberg

巨大なインターネット企業の市場支配力について当局が幅広い反トラスト調査を準備する中で、米司法省はグーグルのデジタル広告および検索事業を詳しく調査している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  反トラスト当局者はこの1カ月、出版社や消費者と直接取引するネット業者など、グーグルに対し不満を抱えているとみられる第三者企業と積極的に会合を重ねていると、事情に詳しい関係者2人が語った。その1人によると、広告会社や広告関連のハイテク企業も当局者と協議しており、さらに会合が予定されている。

  過去にはオラクルニューズ・コープイェルプなどが苦情を述べていたが、反トラスト当局者の協議相手はこれら企業以外にも広がっているという。ブルームバーグは6月、司法省がグーグルを調査する準備を進めていると伝えていた

  関係者によると、司法省反トラスト局はデルラヒム局長の下、省内の他部門から弁護士を引き入れ、今回の調査に資源を投入している。同局は調査の初期段階でデジタル広告や検索市場を調べているが、今後、最終的な焦点を絞り込む方針だという。司法省はコメントを控えた。

  同省の当局者によると、バー司法長官は、反トラスト局の弁護士ローレン・ウィラード氏をテクノロジー企業の調査で自身の連絡窓口を担う役割に昇格させた。長官がこの問題に直接関わることを示唆する動きだ。

原題:
DOJ Scrutinizes Google Advertising, Search in Antitrust Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE