コンテンツにスキップする
Photographer: FRED DUFOUR/AFP
cojp

米国は華為と取引再開許可の決定先送り-中国の穀物購入停止受け

更新日時
  • 新たな対中関税の方針を受け中国は米国産農産物の購入を停止
  • ライセンス決定先送りの報道を受けて、豪ドルは下落し円は上昇
In this photo taken on May 27, 2019, a Huawei logo is displayed at a retail store in Beijing. - China is digging in for a tough period of deteriorating ties with the United States, fanning the flames of patriotism with Korean War films, a viral song on the trade war, and editorials lambasting Washington. (Photo by FRED DUFOUR / AFP) (Photo credit should read FRED DUFOUR/AFP/Getty Images)
Photographer: FRED DUFOUR/AFP

ホワイトハウスは中国が米国産農産物の購入を停止した後で、米国企業が華為技術(ファーウェイ)とのビジネスを再開するためのライセンスに関して決定を先送りしている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  米政府が5月にファーウェイを安全保障上の理由でブラックリストに掲載した後、米企業は同社への製品供給で特別のライセンス取得を義務付けられている。

Inside Huawei's Headquarters As Company Seeks $1 Billion Funding

中国・深圳のファーウェイ本社

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

  製品販売再開の申請を審査している商務省のロス長官は先週、50の申請を受け取り、決定は下されていないと発言していた。

  ライセンス決定先送りの報道を受けて、ファーウェイのサプライヤーの米マイクロン・テクノロジーとウエスタンデジタルの株価は一時2.2%安まで下落。豪ドルとオフショア人民元は対米ドルで下落した一方、円は上昇した。

  トランプ米大統領は6月末に中国の習近平国家主席と日本で貿易戦争「休戦」に合意後、ファーウェイに対する一部規制が緩和される見通しを示していた。だがこの約束は、中国が米国産農産物の購入を増やすことが条件で、トランプ大統領は中国が購入拡大を怠っていると不満を漏らしている。

  米中関係の緊張はここ1週間で高まっており、トランプ大統領は9月1日時点で中国製品3000億ドル(約32兆円)相当に10%の関税を賦課すると表明。米財務省は中国を「為替操作国」と正式に認定した。

  ただ、トランプ大統領は先週、安全保障上の慎重さを要しない製品を米国のサプライヤーがファーウェイに販売することを認めるとする自身の判断を覆すつもりはないと発言。ファーウェイ問題は貿易協議とは無関係だとの認識を示していた。

  ホワイトハウスからのコメントは現時点で得られていない。商務省はコメントを控えた。

原題:U.S. Holds Off on Huawei Licenses as China Halts Crop-Buying (1)(抜粋)

(背景や為替相場の動きなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE