コンテンツにスキップする

AIGの4-6月利益、最も高い予想上回る-損保事業の回復続く

  • 損害保険部門の保険引受損益は2四半期連続の黒字
  • 正味投資利益19%増の37億ドル-IPO銘柄が寄与

米保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の4-6月(第2四半期)決算では、損害保険部門の保険引受損益が2四半期連続の黒字となった。同部門はここ数年、予想を上回るコストが重しとなっていた。

  • 損害保険部門の保険引受損益は1億4700万ドル(約156億円)の黒字となり、その結果、AIGの調整後1株利益は1.43ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリスト17人の予想レンジ上限の1.31ドルを上回った。

インサイト

  • 2四半期連続の保険引受損益の黒字は、損害保険部門の安定化への期待を高める可能性。ブライアン・デュパロウ最高経営責任者(CEO)は、同部門の「保険引受損益は引き続き通期黒字の達成に向けた軌道にある」と指摘した。
  • 1件の新規株式公開(IPO)も利益を押し上げる要因となった。正味投資利益は、株価上昇を背景に19%増の37億ドル。プライベートエクイティーのポートフォリオで保有するIPO銘柄からの1億4200万ドルの利益も寄与した。AIGは発表資料でこのIPO企業の社名を開示していない。
Profit Streak

ブルームバーグ・インテリジェンスの見解:

「AIGの第2四半期決算は、同社が2019年に損害保険部門の引受損益で黒字を達成し、経営陣が適切な戦略を実施したというわれわれの確信を強めた」
- マシュー・パラゾラ氏、保険アナリスト
調査リポート全文はこちら

詳細

  • 決算の詳細はこちら
  • AIGの発表資料はこちら
  • AIGの株価は時間外取引で上昇し、午後5時13分(日本時間8日午前6時13分)現在、3.8%高の56.50ドル。年初から7日の通常取引終了時までは38%上昇。昨年までは2年連続で下落していた

原題:AIG Beats Highest Profit Estimate on Resurgence of P&C Unit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE