コンテンツにスキップする
Photographer: MicroStockHub/iStockphoto

世界の債券市場が鳴らす最大級の警鐘、リセッションのリスク高まる

  • ドイツ国債、イールドカーブは金融危機以降で最も平たんに
  • インドやニュージーランドの中銀、積極的な利下げに動く
RF Markets Global
Photographer: MicroStockHub/iStockphoto

世界の債券市場が経済に強い警告を発している。現在のような情勢は長くは続かず、遠くない将来にリセッション(景気後退)に見舞われるリスクがあることを示唆している。

  ドイツでは国債のイールドカーブ(利回り曲線)が金融危機以降で最も平たんになっている。国債利回りは世界各地で最低水準を更新した。投資家が世界経済の先行きに悲観的な見方を強めている不穏な兆しだ。ニュージーランド(NZ)やインドなどの中央銀行は景気を浮揚させようと政策金利を引き下げ、市場の意表を突いた。

Germany's yield curve is at the flattest level since the financial crisis

  ADMインベスター・サービシズのグローバル・ストラテジスト、マーク・オストワルド氏は「何か極めて大きな混乱が起きる状況が整いつつある」と指摘。「具体的に挙げるのは難しいが、ドイツ債は逃避先だと投資家が考える限り、イールドカーブの平たん化は続く」と述べた。

  ここ数週間、投資家はわずかでもプラスのリターンを得られそうな市場に押し寄せており、世界の国債利回りは次々と過去最低を更新している。ドイツでは既に全年限の国債利回りがゼロ%を下回り、スペインやポルトガルといったユーロ圏でリスクが高いとされる国の10年債でさえ、利回りがマイナス圏に近づきつつある。

  世界的にも、米中貿易戦争の余波が広がりつつある。米10年債利回りは2016年以来の低水準で、2年債利回りに対する上乗せ幅はゼロに向かっており、経済が向こう数カ月でリセッションに陥る可能性を示唆している。

原題:Global Bond Market Sounds Shrillest Alarm Yet Over the Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE