コンテンツにスキップする

中国人民銀、人民元の大幅な下落続かない-外国企業の不安払拭

  • 人民元は5日に08年以降で初めて1ドル=7元の水準を下回った
  • 人民銀は北京で外国の輸出業者多数との会合を持った
A pedestrian walks past the People's Bank of China (PBOC) headquarters in Beijing, China.

A pedestrian walks past the People's Bank of China (PBOC) headquarters in Beijing, China.

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
A pedestrian walks past the People's Bank of China (PBOC) headquarters in Beijing, China.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国人民銀行(中央銀行)の上級当局者らは6日、外国企業に対し、人民元の大幅な下落は続かないと伝え、不安払拭(ふっしょく)に努めた。5日には2008年以降で初めて人民元が1ドル=7元の水準を下回った。

  ブルームバーグに提供された声明によると、人民銀は北京で外国の輸出業者多数との会合を持った。会合で当局者らはまた、ドルを売買することも通常通りに可能だと伝えたという。声明は、中国が通貨を米国との貿易戦争の武器として使うことはないという易綱総裁の言葉を繰り返している。

  人民銀は会合に出席した当局者や企業の名前を明らかにしていない。

  人民元の急落は、中国で製造する外国企業にとって、生産に必要な輸入品の価格が上昇するという形で影響する。急激な下落はまた、資本逃避と為替管理強化に関する懸念も浮上させる。

  人民銀の声明は、同中銀と国家外為管理局(SAFE)が為替管理政策の一貫性と安定性の維持に取り組むとし、人民元レートが上下双方向に変動することは将来的に「標準的な状態」になると説明している。

原題:China’s Central Bank Tells Foreign Firms Yuan Won’t Keep Falling(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE