コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

中国の次の一手は保有米国債の大量売却か、人民元急落容認で現実味

  • 米国債という選択肢を排除することはできない-エール大のローチ氏
  • 今週の米国債入札で中国撤退の兆候に注目-ノルデアのゲーリー氏
Chinese one-hundred yuan banknotes are arranged for a photograph in Seoul, South Korea, on Monday, Dec. 21, 2015. The offshore yuan climbed the most in a week on optimism that China's leaders are focusing on boosting growth in the world's second-largest economy.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

人民元が約10年ぶり安値に急落したのを受け、アナリストや投資家は1兆1000億ドル(約117兆円)に上る中国の米国債保有残高に用心深い目を向けている。

  米国にとって最大の外国債権者である中国が、貿易戦争の報復手段として保有米国債を大量売却するというアイデアはしばしば、ありそうもないとして一蹴されてきた。一つの理由は3兆1000億ドルもの外貨準備高の預け先があまり多くないためだとアナリストらは話す。

House Rules Committee Meets Ahead Of This Week's Minibus Spending Bill

ワシントンの米財務省

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  ただ、中国当局の譲れない一線と長年受け止められていた1ドル=7元を超える水準に元が5日に急落したことで、米国債大量売却の可能性は排除できないことが示されていると、米エール大学の上級講師、スティーブン・ローチ氏は指摘。中国は「豊富な弾薬」を持ち、トランプ米大統領よりも長い時間枠で動いていると付け加えた。

  元モルガン・スタンレー・アジア会長のローチ氏は「ほとんどの人は中国が通貨という対抗手段を使うとは思っていなかったが、的を絞って実際にそれを使用した」ため、「中国が他の選択肢を検討する可能性は考えられることであり、米国債という選択肢を排除することはできない」と分析した。

  中国は既に米国債保有を減らしており、現在は約2年で最低で、2013年のピークを約2000億ドル下回っている。しかし、5日の展開は中国がさらに保有を縮小する可能性があるという臆測に拍車を掛けた。

China's holdings of U.S. Treasuries slip for third straight month

  中国のオフショア人民元は5日に一時1.9%下落し、1ドル=7.1114元の記録的安値を付けた。この下落にトランプ大統領はツイッターで「為替操作」と非難し、米金融当局に対応を求めたい意向を示唆した。

  ノルデア・インベストメント・ファンズのセバスチャン・ゲーリー氏は、7元台乗せは中国の政策当局の思考が「非常に大きくシフト」したことの表れであり、保有米国債を対抗手段にするリスクを高めると見る。

  ただ、米国債を敬遠する投資家の動きはほとんど見られない。貿易摩擦の激化を受けて投資家が避難先を探したことから、指標の米10年債利回りは5日に1.71%に低下し、16年以来の低水準を付けた。

  ゲーリー氏は、中国が撤退する兆しがないか今週の米国債入札に注目すると話す。今週は6日から8日にかけて3年債と10年債、30年債の計840億ドル相当の入札が実施される予定。

原題:China Treasuries Hoard Seen as Next Line in Sand After Yuan Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE