コンテンツにスキップする
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

ドル依存減らすプーチン大統領の戦略、徐々に進展-関係悪化の中

  • ロシアの輸出におけるユーロ決済の割合は4四半期連続で増加
  • EU・中国との取引ではユーロ建てがドル建てをほぼ追い抜いた
The skyscrapers of the Moscow International Business Center, also known as 'Moscow City,' stand on the city skyline at dusk in Moscow, Russia, on Friday, June 15, 2018. President Vladimir Putin has spent six years and more than $11 billion preparing nearly a dozen Russian cities to host the soccer World Cup, the biggest such event the country’s held since the collapse of the Soviet Union.
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

米国との関係悪化に伴い、ロシアは国際的取引でドルの利用を減らすというプーチン大統領の戦略を実践している。

  ロシア経済を「脱ドル化」し、米国の制裁の影響を受けにくくする戦略だ。中央銀行が昨年ドル保有額を半減させた一方で、貿易面では多くの取引でドルの利用が根付いているため、脱ドル化の進展は遅れてきた。

Putin Displays Military Might On Russia Navy Day

プーチン大統領

Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

  ただ中銀のデータによると、ロシアの輸出におけるユーロ決済の割合は4四半期連続で増加し、その分ドルが減少。欧州連合(EU)および中国との取引においてはユーロ建てがドル建てをほぼ追い抜いたほか、インドとの貿易ではルーブル建てが急増した。輸入でのドルのシェアは約3分の1で変わっていない。

  INGバンクのモスクワ在勤エコノミスト、ドミトリー・ドルジン氏は、「ロシアだけでなく、その貿易相手国にも、決済通貨を変える強いインセンティブがあった」と述べ、 「EUは現在、米国からの貿易圧力に直面している」ためドル依存度を減らすことを模索していると説明した。

Closing In
Euro Takeover
Brothers in Arms

原題:Putin’s Pledge to Ditch the Dollar Is Slowly Becoming a Reality(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE