コンテンツにスキップする
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg
cojp

韓国公取委が三菱電やデンソーなど日本企業に約8億円課徴金-談合で

Shipping containers sit in the Busan Port Terminal (BPT) at the Port of Busan in this aerial photograph taken in Busan, South Korea, on Tuesday, July 30, 2019. A trade dispute between South Korea and Japan is threatening to spiral out of control, and both governments want the White House on their side.
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

韓国の公正取引委員会は三菱電機と日立オートモティブシステムズ、デンソー、ダイヤモンド電機に計92億ウォン(約8億1900万円)の課徴金を課した。同委の発表資料によると、これら企業は自動車部品として使われるオルタネーターやイグニッションコイルの価格設定で談合したとされる。

  三菱電は80億9000万ウォン、日立オートモティブシステムズは4億1500万ウォン、デンソーは4億2900万ウォン、ダイヤモンド電機は2億6800万ウォンを納付するようそれぞれ命じられた。同委にさらに、三菱電と日立オートモティブシステムズを検察に告発した

原題:Mitsubishi Electric, Others Fined 9.2b Won by S. Korea’s FTC(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE