コンテンツにスキップする

米国の財の対中貿易赤字、6月に拡大-5カ月ぶり高水準

米国の中国に対する財の貿易赤字は6月にわずかながら拡大し、5カ月ぶりの高水準となった。米商務省が2日発表した貿易収支統計で明らかになった。前日にはトランプ大統領が中国からの輸入品に対する追加関税措置の意向を表明した。

キーポイント

  • 財の対中赤字は季節調整後で302億ドル
    • 5月は301億ドルだった
    • 米国の対中輸出額の減少が、中国からの輸入額の減少より大きかった
  • 財とサービスを合わせた米国の全体の貿易赤字は552億ドルに縮小
    • 市場予想は546億ドル
    • 前月改定値は553億ドル

  米国の財の対中赤字は、今年1-6月では季節調整後で1798億ドルに縮小。2018年1-6月は2004億ドルだった。今年に入ってからの対中輸出は前年同期比で18.1%減少、中国からの輸入は同12.2%減少。両国の貿易縮小を映している。

  国内総生産(GDP)の算出に使用されるインフレの影響を除いた実質財収支の赤字は861億ドルと、前月の864億ドルから縮小した。

  • 統計表

原題:U.S. Goods Trade Deficit With China Reaches Five-Month High(抜粋)
U.S. Trade Deficit Narrowed to $55.2b in June, Est. $54.6b(抜粋)

(詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE