コンテンツにスキップする
Photographer: Keith Bedford/Bloomberg

円が上昇、トランプ米大統領が新たな対中関税を発表

更新日時
Japanese 10,000 yen banknotes are arranged for a photograph in Tokyo, Japan on Sunday April 14, 2019. U.S. Treasury Secretary Steven Mnuchin said he wanted a currency clause in a trade deal with Japan to prevent deliberate manipulation of the yen to bolster exports, Japanese public broadcaster NHK said.
Photographer: Keith Bedford/Bloomberg

1日のニューヨーク外国為替市場では、円とスイス・フランが上昇。トランプ米大統領が中国製品への新たな関税措置を発表したことを受け、世界の金融市場が動揺、ドルと米国債利回りが下げたほか、原油などの商品や株式相場も下落した。

  • 円は主要10通貨に対して全面高。対ドルでは一時1.4%、対オーストラリア・ドルでは一時2%それぞれ上げた。主要10通貨では、フランが対ドルで上昇率2位
    • 米10年債利回りは一時14ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.87%と、2016年11月以来の低水準をつけた
    • ボラティリティーは上昇。主要通貨のボラティリティー指標は4月初旬以来の高水準-CIBCのストラテジスト、ビパン・ライ氏
  • ニューヨーク時間午後5時ちょうど現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%安。一時は5月につけた今年の最高値に接近していた
    • トランプ大統領は、現在制裁関税の対象となっていない中国からの輸入品3000億ドル(約32兆2000億円)相当に9月1日から10%の関税を課すとツイッターで発表した
    • 7月の米ISM製造業景況指数と6月の米建設支出がいずれも市場予想を下回ったことも同スポット指数の重し
  • ドルは対ユーロで0.1%安の1ユーロ=1.1085ドル。対円では1.3%安の1ドル=107円34銭
U.S. 10-year yields drop to lowest since November 2016

欧州時間の取引

  ドルが2カ月ぶり高値に達し、米国債利回りが上昇した。予想よりもタカ派的なパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の前日の発言を消化する動きが続いた。

原題:Yen, Swiss Rise as Trump Roils Markets With Tariffs: Inside G-10(抜粋)

Dollar Rallies as Traders Digest Fed Decision: Inside G-10

(相場を更新し、新たな情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE