コンテンツにスキップする

ジョンソン氏「合意なき離脱」にさらに2700億円-決意揺るがず

更新日時
  • 国境・税関インフラ整備、医療用品の確保に11億ポンドを充てる
  • 合意なき離脱に備える予算総額は63億ポンドに拡大すると財務省
Daily Life In Westminster As U.K. Seen Heading For Long Brexit Extension
Photographer: Chris J. Ratcliffe/Bloomberg
Daily Life In Westminster As U.K. Seen Heading For Long Brexit Extension
Photographer: Chris J. Ratcliffe/Bloomberg

英財務省は7月31日、欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」に備えるため、21億ポンド(約2780億円)を新たに確保すると発表した。これに伴い、2019会計年度に利用できる関連予算は42億ポンドに倍増し、合意なき離脱準備のための予算総額は63億ポンドに拡大する。

  今回の予算の上積みは、EUと合意のあるなしにかかわらず、10月31日にEUを離脱するというのジョンソン首相は決意の固さをあらためて示すものといえる。円滑な離脱のためのEUとの再協議を行わないことすらあり得ると示唆し、ポンド安を招いた後も、首相が発言を後退させる気配はなく、合意なき離脱の準備を整えるよう政府部局に指示してきた。

  財務省の発表によれば、追加分は主要な国境・税関インフラの整備と重要な医療用品へのアクセスを確保する当面の支出増に11億ポンドを充て、残りは必要に応じて政府の各部局が利用できる。

  最大野党・労働党で影の財務相を務めるジョン・マクドネル議員は電子メールで配布した声明で、「これは税金の恐るべき浪費だ。完全に回避可能な『合意なき離脱』に向かって突き進むボリス・ジョンソン氏のために全て使われる」と批判した。

原題:U.K. Allocates Extra $2.6 Billion to Prepare for No-Deal Brexit(抜粋)

(背景や野党の反応を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE