コンテンツにスキップする

米ADP民間雇用者数:7月は15.6万人増-サービスがけん引

ADPリサーチ・インスティテュートが31日に発表した7月の米民間雇用者数は、前月に続き伸びが加速した。労働市場の堅調さがあらためて示された格好だ。

キーポイント
  • 7月の民間雇用者数は15万6000人増
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は15万人増
    • 前月は11万2000人増(速報値10万2000人増)に修正
  • 雇用者の伸びは大企業がけん引
Hiring in U.S. accelerates for second month, led by larger companies

インサイト

  • 8月2日に米労働省が発表する7月の雇用統計については、非農業部門雇用者数が約16万5000人増、失業率は前月と同じ3.7%とそれぞれ見込まれている
  • ADPの財生産部門の雇用は9000人増。建設業がけん引
  • サービス業は14万6000人増加した
  • 小規模企業の雇用者数は1万1000人増、大企業は7万8000人増えた

エコノミストの見解

  • ムーディーズ・アナリティクスのチーフエコノミスト、マーク・ザンディ氏:
    • 「雇用の伸びは健全だが、徐々に減速している」
    • 「小規模の企業は特に減速が著しい。雇用の伸びを妨げているは労働力不足や従来型小売店での人員削減、世界的な貿易鈍化の余波だ」
    • ムーディーズはADPと共同で集計調査を行う

原題:U.S. Companies Add 156,000 Workers, Led by Services (1)(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE