コンテンツにスキップする

クレディSとBNP、債券トレーディング収入増加-欧州銀に薄日

  • 米銀は債券トレーディングで減収、欧州銀に明るい兆し
  • 株式トレーディングも予想上回る、クレディSの減収はわずか

クレディ・スイス・グループBNPパリバは4-6月(第2四半期)の債券トレーディング収入が増加した。欧州の銀行を取り巻く悲観論がやや和らぐ内容となった。

  BNPの第2四半期債券トレーディング収入は約9%増となり、クレディ・スイスは6%増加した。クレディ・スイスの株式トレーディングはわずかな減収にとどまった。米銀勢のトレーディング収入は株式が8%減、債券が7%減だった。

Trading Slump

Deutsche Bank had the worst trading slump as it prepared to exit equities

Source: Company filings

Note: Excludes gains related to Tradeweb IPO, factors disclosed by UBS

  長引く低金利に追加利下げの見通し、ドイツ銀行による大規模人員削減と暗い話題の多い欧州の銀行にとって久しぶりの明るい兆しだ。

  BNPのトレーディング業務の中心であるグローバル・マーケッツ部門の収入は約3%減少。株式・プライムサービスが14%減と落ち込んだ。ただ、株式トレーディング収入は減少したものの、予想を上回った。クレディ・スイスの株式トレーディング収入は約1%減だったと、投資家向け広報(IR)責任者のアダム・ギシェン氏が電話会議で明らかにした。

  両行の株価は31日の取引で上昇。BNPはパリ時間午後1時6分現在3.3%高、クレディ・スイスは4.3%高。

原題:Credit Suisse, BNP Break Bank Gloom With Surprise Trading Gains(抜粋)
Credit Suisse, BNP Break Bank Gloom With Debt Trading Gains (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE