コンテンツにスキップする

ドイツ失業者数、7月は前月比で増加-景気鈍化の影響じわり

ドイツの失業者数は7月に前月から増加した。景気の鈍化が労働市場にも影響を及ぼし始めたことが示唆された。  

  ドイツ連邦雇用庁が31日発表した失業者数は前月比で1000人増加し228万3000人。失業者数の減少は5月から止まっている。7月の失業率は5%と、なお過去最低水準に近い。

German labor market may be turning amid economic headwinds

原題:German Unemployment Rises as Manufacturing Slump Starts to Bite(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE