コンテンツにスキップする

香港抗議デモは「米国の作品」だと中国外務省-ポンペオ氏発言に反発

  • 香港の混乱巡り中国が米政府を直接批判したのは初めて
  • デモへの対処で「中国が正しいことをする」よう望むとポンペオ長官

中国外務省の華春瑩報道官は30日の記者会見で、最近の香港の暴力的な抗議活動は「米国の作品」だとして米国を非難した。香港の混乱を巡り、中国が米政府を直接批判したのはこれが初めて。

  華報道官の発言は、ポンペオ米国務長官のコメントに反発したもの。同長官は29日、香港で相次ぐデモに対処する上で「中国が正しいことをする」よう望むと述べていた。

Chinese Foreign Ministry Spokesperson Hua Chunying holds briefing

中国外務省の華春瑩報道官

  華報道官は前職が中央情報局(CIA)長官だったポンペオ氏の経歴に触れ、「明らかになお自分をCIAの責任者と見なしている」と指摘。「香港での暴力的な抗議デモは当然だと思っているかもしれない。結局は米国の作品だからだ」と述べた。

  華報道官の発言で、米中両国が上海で通商交渉を再開したにもかかわらず、香港を巡り両国の緊張が高まっていることが示唆された。同報道官は先週、米政府は香港の抗議デモから「黒い手」を引っ込めるべきだと指摘。これに対し、米国側は「ばかばかしい」と一蹴していた。

原題:China Says Hong Kong Protest Violence ‘Is Creation of U.S.’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE