コンテンツにスキップする

ルフトハンザ、4-6月の調整後EBITは25%減-価格競争激化で

ドイツのルフトハンザ航空の4-6月(第2四半期)決算は、価格競争激化と世界経済の低迷が響き、大幅減益となった。欧州航空業界に一層の暗雲が垂れ込めている。

  同社は7-12月(下期)の事業トレンドがさらに悪化する可能性があると警告。ただ、2019年通期については、先月の下方修正後の利益見通しを維持した。

  4-6月(第2四半期)の調整後EBIT(利払い・税引き前利益)は前年同期比25%減の7億5400万ユーロ(約913億円)。アナリストの予想平均は7億5700万ユーロだった。

German companies are getting increasingly worried about the economic outlook

原題:Lufthansa Earnings Deepen Aviation Gloom as Fare War Bites (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE