コンテンツにスキップする

アルトリアのたばこ出荷0.3%増、投資家はなお減少見込む-株価下落

「マールボロ」で知られる米たばこ会社アルトリア・グループは、米国の喫煙率の着実な低下や、購入可能な法定年齢引き上げの動きといった業界への新たな逆風にもかかわらず、4-6月(第2四半期)のたばこの出荷が0.3%増となり、急減に歯止めがかかった。

  しかし、投資家はより広範な下降トレンドの中で一時的に増加したにすぎないと受け止めており、同社の株価は下落した。4-6月のたばこの出荷増は在庫の動きに支えられた面があり、その影響を除くと7%減と推計される。

  4-6月の税抜きベースの売上高は52億ドル(約5646億円)とブルームバーグが集計した予想平均を上回った。30日の米株市場で同社の株価は一時5.9%急落し、3.6%安で終了した。

  • 決算の詳細へのリンク
  • 発表資料へのリンク
Last quarter, Altria halted the plunge in cigarette volumes

原題:Altria Falls as Investors See Cigarette Volumes Dropping Further(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE