コンテンツにスキップする

マスク氏の生産目標ツイート、問題の有無問われる-SECとの合意で

From
  • 問題のツイートはソーラールーフに関するものでマスク氏が29日投稿
  • マスク氏はソーシャルメディアへの投稿で4月にSECと和解

テスライーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、会社発表前の生産関連の数値をツイッター投稿で明らかにした。4月の米証券取引委員会(SEC)との和解後、マスク氏がソーシャルメディアへの投稿を巡りより厳格に合意を順守しているか判断する最初のケースとなる。

  問題の投稿は、マスク氏が2016年末に披露したものの大量生産を実現できていないソーラールーフに関するもので、最新情報をフォロワーに求められたマスク氏が29日、年末までに週1000程度の生産ペースの実現を期待していると述べた。

  このツイートは、マスク氏とSECとの修正後の和解合意に該当するとみられる。合意は、まだ公表されていない生産関連の数値について投稿する場合、マスク氏はテスラの弁護士から事前承認を得る必要があるとしている。

  マスク氏が事前承認を得ていたかとの質問に対し、テスラの担当者はこれまでのところ回答していない。SECの広報を担当するジュディ・バーンズ氏はコメントを控えた。

原題:Musk Tweeting on Tesla Production Raises Questions on SEC Accord(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE