コンテンツにスキップする

マスターカード、7-9月支出がアナリスト見通し上回ると予測

  • 4-6月の海外カード決済の手数料収入は15%増と予想上回る
  • 通期の調整後純売上高の伸びは「10%台前半」との見通しを堅持

電子決済ネットワークの米マスターカードは、7-9月(第3四半期)の支出の伸びが「10%台半ばのレンジの上限」に達し、アナリストの予想を上回るとの見通しを示した。ブルームバーグのアナリスト調査では8.3%の伸びが見込まれていた。

  デジタル能力の拡充を目指すマスターカードは、最近数カ月の間により多くの資金を買収に投じており、不正の検知に役立つエトカなどの買収を今年に入り発表した。

  4-6月(第2四半期)の海外カード決済からの手数料収入は13億7000万ドル(約1488億円)と前年同期比15%増加し、ブルームバーグ調査のアナリスト予想(12.3%)上回る伸びとなった。売上高は12%増の41億ドル(アナリスト予想は40億8000万ドル)。通期の調整後純売上高の伸びは「10%台前半」との見通しを堅持した。

  • 発表資料へのリンク

原題:Mastercard Expenses Set to Rise More Than Analysts’ Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE