コンテンツにスキップする

ファイザー株続落、2社が投資判断引き下げーマイランとの統合巡り

  • 特許切れ医薬品事業をマイランと統合する計画を前日発表
  • BofAとモルガン・スタンレーが投資判断と目標株価を引き下げ
The Pfizer Inc. logo sits on boxes of tablets on a pharmacy counter in this arranged photograph in London, U.K., on Thursday, Dec. 29, 2016.
The Pfizer Inc. logo sits on boxes of tablets on a pharmacy counter in this arranged photograph in London, U.K., on Thursday, Dec. 29, 2016. Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
The Pfizer Inc. logo sits on boxes of tablets on a pharmacy counter in this arranged photograph in London, U.K., on Thursday, Dec. 29, 2016.
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

ファイザーは投資判断を2社から引き下げられたことを手掛かりに、30日の取引で株価が下落した。同社は特許切れ医薬品事業を後発医薬品メーカーのマイラン統合する計画を前日発表したが、その計画が株価に与える影響についてアナリストが慎重な見方を示した。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)は投資判断を「買い」から「中立」、モルガン・スタンレーは「オーバーウエート」から「イコールウエート」にそれぞれ引き下げた。両社は目標株価も下方修正し、 BofAは41ドル、モルガン・スタンレーは40ドルとした。従来はそれぞれ49ドル、48ドルだった。

  ファイザーの株価は3.8%下げた前日に続き、一時6.9%下落。一方、マイランは一時4.4%上げた。

Pfizer shares extended their Monday decline

  モルガン・スタンレーのアナリスト、デービッド・ライジンガー氏は顧客向けリポートで、ファイザーが特許切れ医薬品事業を手掛けるアップジョン部門を手放すことについて「新薬事業、アップジョンの両部門で利益は想定より低くなる」と指摘した。

原題:Pfizer Slumps as Two Firms Downgrade on Mylan Deal Impact (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE