コンテンツにスキップする

7月30日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:円など逃避通貨が堅調、FOMC結果控え-ポンド安

  30日のニューヨーク外国為替市場では、円とスイス・フランを中心に逃避通貨が堅調。ドルは主要10通貨に対して高安まちまちとなった。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控え、株が小幅安となり米国債は小幅上昇した。一方、北欧通貨が下げたほか、英国の欧州連合(EU)離脱リスクでポンドは圧迫された。

  • ニューヨーク時間午後5時ちょうど現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数はほぼ変わらず。一時は0.1%上昇し、6月3日以来の高値を付けた
  • 6月の米個人消費支出(PCE)統計では、PCEコア価格指数が当局目標に向かって持ち直す兆しを示した
    • ユーロは対ドルで1.11ドルの支持水準を維持したことから上昇。カナダ・ドルも高い。中東で緊張が続く中、原油が上昇したことが買い材料
  • FOMCの結果発表を控え、ドルは米10年債利回りとほぼ連動する動きが続いた。FOMCでは利下げが広く予想されている
    • バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチの米経済担当責任者、ミシェル・マイヤー氏は0.25ポイントの利下げと今後数会合での「保険としての」追加利下げに向けたガイダンス、バランスシート縮小の終了を予想
    • こうしたハト派的なセンチメントは市場で予想されているため、金利やドルへの影響は限定的となる可能性-マイヤー氏は30日のリポートに記した
  • ドルは対ユーロで0.1%安の1ユーロ=1.1155ドル。対円では0.2%安の1ドル=108円61銭
  • ポンドは対ドルで0.6%安

欧州時間の取引

  ポンドが4営業日続落。4営業日としての下げ幅は2016年以来の最大となる見通し。合意なき英EU離脱の懸念が背景。ブルームバーグ・ドル・スポット指数はほぼ変わらず。
原題:FX Havens Firm as Stocks Slip; Pound Among Laggards: Inside G-10(抜粋)
Pound Slides, Dollar Firm Before U.S. Data and Fed: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:株が下落、FOMC声明待ち-国債は続伸

  30日の米株式相場は下落。強弱まちまちの企業決算が消化されたほか、米中通商合意が成立する確率は低いとの見方が強まった。連邦公開市場委員会(FOMC)定例会合が始まったこの日、米国債は小幅続伸。

  • 米国株は下落、決算は強弱まちまち-米中通商交渉に注目
  • 米国債は小幅続伸-10年債利回り2.06%
  • NY原油は4日続伸、米利下げ期待やイラン巡る緊張継続
  • NY金は3日続伸、12月限は1オンス=1441.80ドル

  S&P500種株価指数は2日続落。上海で米中が通商交渉を再開したばかりというタイミングで、トランプ大統領が中国を批判するツイートを投稿。遅い時間には、トランプ大統領が中国の習主席と最近話をしたと述べたことから、下げの一部を埋めた。ハイテク銘柄の下げが目立った。決算が材料視された銘柄では、アンダーアーマーが急落した一方、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)とメルクが上昇した。

  S&P500種株価指数は前日比0.3%安の3013.18。ダウ工業株30種平均は23.33ドル(0.1%)安の27198.02ドル。ナスダック総合指数は0.2%低下。ニューヨーク時間午後4時59分現在、米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.06%。

  BCAの米国投資担当ストラテジスト、ダグ・ペタ氏はブルームバーグとのインタビューで、「貿易が大きな不透明要素だ」とコメント。「緊張が悪化し、貿易が今後さらに減速した場合、急速に減速している製造業がすぐに不況に陥る恐れがある。それがサービス業に飛び火しようものなら、いとも簡単に世界的なリセッションになることも考えられる」と語った。

  ニューヨーク原油先物相場は4営業日続伸。今週のFOMCで約10年ぶりの利下げが決まるとの期待感が追い風。イランを巡る緊張が続き、中東からの原油供給に支障が出る可能性も意識された。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物9月限は1.18ドル(2.1%)高の1バレル=58.05ドルで終えた。ロンドンICEの北海ブレント9月限は64.72ドルで終了。

  ニューヨーク金先物相場はFOMCを待つ中、3営業日続伸。今週再開した米中通商交渉も注目を集めたが、状況を大きく打開する可能性は低いとの見方が優勢。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は0.6%高の1オンス=1441.80ドルで終えた。
原題:Stocks Fall Ahead of Fed Decision; Treasuries Rise: Markets Wrap(抜粋)
Oil Surges as Traders Await Fed Cut, Iran Clash Squeezes Supply
*ICE BRENT CRUDE SEP. FUTURES SETTLE AT $64.72/BBL
PRECIOUS: Gold Holds Gain Before Fed as Holdings Hit 6-Year High
Silver Options Volume Jumps as Rate Bets Stir ‘Massive’ Interest

◎欧州債:イタリア債が下げ幅縮小、ドイツ債は上昇-米中交渉を悲観

  30日の欧州債市場でイタリア債が下げ幅縮小。ドイツ債は上昇した。米中通商交渉の動向を巡り悲観的な見方が広がり、ユーロ圏の株価は下落した。

  • イタリア債は国債入札後に下げ幅縮小。イタリアは潤沢な資金があるとして8月半ばに予定していた入札を取りやめた。次回入札予定は8月29日
  • ドイツ債は上昇。イールドカーブはフラット化した
  • 米中両国が3カ月の中断後、上海で通商交渉を再開したが、トランプ大統領は中国に対して不満をあらわにした
  • 英国債はドイツ債上回るパフォーマンスだった。ジョンソン英首相は、10月31日のEU離脱期限前にEUとの離脱協定巡る再交渉は一切行わなれない可能性があることを示唆した
  • ドイツ10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げてマイナス0.40%、フランス10年債利回りは1bp下げてマイナス0.15%。イタリア10年債利回りは1bp上げて1.58%
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Italian Bonds Pare Declines, Bunds Advance: End-of-Day Curves(抜粋)

(NY外為と米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE