コンテンツにスキップする

ドイツCPI、7月は前年比1.1%に減速-市場予想下回る

ドイツのインフレ率は市場が予想していた以上に弱かった。欧州中央銀行(ECB)が緩和策を強化せざるを得ない状況が新たに示された。

  ドイツ連邦統計局が30日発表した7月の消費者物価指数(CPI)上昇率は、前年同月比で1.1%と、市場予想の1.2%に及ばなかった。これに先駆けて公表された各州のCPI統計では、パッケージ旅行などが大幅に値上がりしたものの、衣料や燃料は下落した。

Germany’s inflation rate weakens more than expected

原題:German Inflation Weakens in July as ECB Studies Stimulus Options(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE