コンテンツにスキップする

英国、EUに新たな離脱協定を働き掛け-数週間内の交渉開始目指し

  • 合意なき離脱の見通し、ポンド相場を押し下げ
  • ジョンソン首相、30日はウェールズで農業労働者の希望を聴取

ジョンソン英首相はより良い離脱協定を交渉するため、今後数週間かけて欧州連合(EU)に働き掛けていく方針だと、首相府が発表した。その間に、合意なき離脱となる場合についても準備するという。

  合意なき離脱の見通しはジョンソン政権の誕生以来、企業経営者らの懸念を呼び、ポンド相場を押し下げている。ジョンソン首相は30日、ウェールズを訪れEU離脱後の暮らしに関する農業労働者の希望を聴取する。首相府は政府がEUとの交渉に取り組むとしている。

  経済界が合意なき離脱を警戒する中、政府は緊急計画の予算を増やし、企業と市民に離脱を準備させるための大規模な広報キャンペーンも今後数週間に展開される。

  ジョンソン首相はEUとの合意を望むと繰り返し表明しているが、それには昨年合意した離脱協定の再交渉と、アイルランド国境へのハードボーダー(物理的壁)設置回避を保証する「バックストップ(安全策)」条項の撤廃が絶対条件だと主張している。

Boris Johnson Announces His Domestic Priorities In Manchester Speech

ジョンソン英首相(7月27日)

写真家:Lorne キャンベルスープ / WPAプール経由のGetty Images

What Next in Brexit

How the U.K.’s new prime minister might deliver Brexit

Source: Bloomberg

原題:U.K. Will Push EU to Negotiate a New Brexit Deal Within Weeks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE