コンテンツにスキップする

上海の名門ホテルで米中が30日夕食会か、正式交渉は31日-関係者

  • 米代表団、日本時間午後2時半過ぎに別のホテルに到着のもよう
  • 正式な通商交渉は31日に上海西郊賓館で行われる-関係者

3カ月近くにわたり中断していた通商問題を巡る米中直接交渉を再開するため米国のムニューシン財務長官とライトハイザー通商代表部(USTR)代表を迎える中国政府は30日、上海の外灘地区にあるジャズ時代の名残をとどめる名門ホテルで夕食会を開く。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  関係者によれば、ムニューシン長官とライトハイザー代表は「和平飯店(フェアモントピースホテル)」での夕食会に出席する予定。米国の代表団は現地時間同日午後1時半(日本時間同2時半)過ぎに外灘にある別のホテルに到着したもようだ。

Vice Premier Liu He Leads Chinese Trade Delegation In Washington

ムニューシン財務長官とライトハイザーUSTR代表

 

Tour Of The Recently Restored Peace Hotel

和平飯店

 

  1920年代のアールデコ様式の和平飯店はかつて「キャセイホテル」と呼ばれ、喜劇王チャーリー・チャプリンや俳優で劇作家のノエル・カワードら当時の世界的著名人が訪れた。

  関係者によれば、正式な通商交渉は31日に上海西郊賓館で行われる。USTRの報道官はこうした計画についてコメントしなかった。和平飯店の広報担当者はコメントを控えている。

Tour Of The Recently Restored Peace Hotel

和平飯店のロビー

 

原題:U.S. Trade Team Lands in Shanghai Before Waterfront Hotel Dinner(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE