コンテンツにスキップする

今週FOMC「利上げ」検討すべきだ-グッゲンハイムのマイナード氏

米資産運用会社グッゲンハイム・パートナーズのスコット・マイナード最高投資責任者(CIO)は、今週開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)では利下げではなく、景気の過熱を防ぐために利上げを決定すべきだとの見解を示した。   

Guggenheim Partners Chief Investment Officer Scott Minerd Interview

スコット・マイナード氏

Scott Minerd

  マイナード氏は29日に同社のウェブサイトに掲載された論説で、「ほぼ全ての基準から考えて、近づく生産の制約に伴う景気過熱の可能性に備え、政策担当者は追加利上げを検討する必要がある。しかしそれどころか、減速の可能性を回避する予防的対応を行う必要性に議論が集中している」と指摘した。

原題:Guggenheim’s Minerd Says Fed Should Hike Rates, Not Cut Them (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE