コンテンツにスキップする

テスラ、中国で毎年350億円納税へ-上海工場建設合意の一環

米テスラは、上海市郊外で電気自動車(EV)工場を建設する地元当局との合意の一環として、中国で毎年22億3000万元(約350億円)納税することに同意した。

  上海市との契約条件では、テスラは2023年末に税収を生み出し始める必要があり、さもなければ用地を返還しなければならない。同社の最新の四半期届け出で明らかになった。

  契約によれば、同社は今後5年間で140億8000万元の工場への設備投資も行う必要がある。テスラ初の海外工場となる上海工場は、関税の回避と、世界最大のEV市場である中国で価格を抑制することが目的。

原題:Tesla to Pay China $323 Million a Year in Tax for Factory Site(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE