コンテンツにスキップする

パウエル議長が1歩譲ればトレーダーは100歩求める-市場の見方

  • 25bp利下げは来年1月までに3回、20年末までにもう1回か
  • 20年の追加利下げ時期予想は早まる可能性も-海外リスク重視なら

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は31日に、約10年ぶりの米利下げについて説明する見通しだが、それを聞いて市場はさらに多くを求め始めるかもしれない。

  スワップ市場は来年1月までのほぼ3回の0.25ポイント利下げに加え、2020年末までにもう1回0.25ポイントの追加利下げがあると織り込んでいる。

Fed Chair Jerome Powell Speaks At Economic Club Of Washington Event

パウエルFRB議長

Photographer: Al Drago/Bloomberg

  しかし、パウエル議長が米中貿易摩擦や世界経済の弱さなどの下振れリスクに焦点を当て、国内の経済データ次第という姿勢から離れれば、市場は4回目の利上げがもっと早く起こると期待するだろうと、ドイツ銀行の米金利ストラテジスト、スティーブン・ゼン氏は指摘する。

  「市場は少なくとも今後数カ月については、FOMCが生じ得るリスクを相殺するために0.25ポイント超の利下げをすべきだと決め込んでいる」と同氏はインタビューで述べた。「FOMC声明とパウエル議長の論調がどちらかと言えばハト派であれば、市場は今年の追加利下げを要求し、2020年のより早期の利下げ確率を高く織り込むだろう」と語った。

  ドイツ銀のストラテジストらが心配しているのは、追加利下げはデータ次第というコメントがあった場合に市場がこれを「タカ派的」と解釈することだという。

What's Priced In?

原題:If Powell Gives an Inch, Bond Traders May Ask Fed for a Mile(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE