コンテンツにスキップする

米利下げ前夜、リスク資産に「買われ過ぎ」シグナル-JPモルガン

  • 資産運用会社の米国株先物のポジションはここ数年で最もロング
  • 中銀が今後数カ月のうちに市場の緩和期待を裏付けなければ売りも
Fed Chair Powell Testifies Before House Financial Services Committee
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
Fed Chair Powell Testifies Before House Financial Services Committee
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げによる資産押し上げ効果を期待する投資家はやり過ぎているかもしれない。JPモルガン・チェースのストラテジストらによると、多くのリスク資産が「買われ過ぎ」のシグナルを発している。資産運用会社の米国株先物のポジションはここ数年で最もロングになっている。

Net position as share of open interest in mini Dow, S&P, Nasdaq contracts

  複数の中央銀行が今年、金融引き締めから緩和方向へとUターンしたため、リスク資産も安全資産もそろって値上がりした。フェデラルファンド(FF)金利先物は31日の0.25ポイントを皮切りに、FOMCが年内に0.8ポイントの利下げを決めるとの予想を示唆している。

  しかし、アバディーン・スタンダード・インベストメンツのマルチアセットチームは今週のFOMC会合を控え、失望に備えて株式と新興国債の保有を減らしている。戦術的資産配分責任者のケン・アダムス氏は「今はセンチメントが振れる可能性がある環境なので、それを踏まえたポジションを取る必要がある」と語った。

  米株先物のロングに加え、テクノロジー株のショートポジションは急減、ジャンク債の上場投資信託(ETF)のショートは2年ぶり低水準。JPモルガンの顧客資産調査によれば、新興国ソブリン債のオーバーウエートポジションは2005年並みの高水準にある。ニコラオス・パニギリツオグル氏らストラテジストは26日のリポートで「低金利環境の恩恵を受けた資産は、中銀が今後数カ月のうちに市場の緩和期待を裏付けなければ、売りに見舞われる恐れがある」と指摘。同社は利回り2%超の1カ月物米財務省証券を通じた現金(米ドル)保有の拡大を勧めている。

Short interest in high-yield ETF falls to lowest in more than two years

原題:JPMorgan Says Major Assets ‘Overbought’ on Eve of Fed Easing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE