コンテンツにスキップする

アマゾンを音声ソフト関連企業が提訴-「アレクサ」巡る特許侵害で

  • ボイスボックスの一部技術の権利を保有するVBアセッツが提訴
  • アマゾンが音声インターフェースなどに関する特許を侵害したと主張
Amazon smart devices sit on display during an unveiling event at the Amazon.com Inc. Spheres headquarters in Seattle, Washington, U.S.

Amazon smart devices sit on display during an unveiling event at the Amazon.com Inc. Spheres headquarters in Seattle, Washington, U.S.

Photographer: Bloomberg/Bloomberg
Amazon smart devices sit on display during an unveiling event at the Amazon.com Inc. Spheres headquarters in Seattle, Washington, U.S.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

音声ソフトウエアのパイオニア企業ボイスボックス・テクノロジーズが開発した一部技術の権利を保有するVBアセッツは29日、米アマゾン・ドット・コムを提訴した。

  VBアセッツはウィルミントンのデラウェア地区連邦地裁で起こした訴訟で、 アマゾンが人工知能(AI)「アレクサ」向けソフト開発の際に会話型音声インターフェース、商取引、広告に関する同社の特許6件を侵害したと主張した。

  アマゾンにコメントを求めたがこれまでのところ返答はない。

  2001年創業のボイスボックスは、コンピューターによる会話の理解を支援するソフトを開発し、トヨタ自動車やサムスンに音声サービスを提供した。ボイスボックスはニュアンス・コミュニケーションズに昨年買収された。

原題:Voice Software Pioneer Says Amazon Used Its Technology in Alexa(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE