コンテンツにスキップする

ウーバーが従業員約400人削減へ-成長鈍化に迅速に対応

  • 人員削減はマーケティング部門に集中、同部門の約3分の1が対象
  • 急成長したが伸び悩んでいるという感覚がある-CEO
A pedestrian checks a mobile device in front of the Uber Technologies Inc. headquarters building in San Francisco.
A pedestrian checks a mobile device in front of the Uber Technologies Inc. headquarters building in San Francisco. Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
A pedestrian checks a mobile device in front of the Uber Technologies Inc. headquarters building in San Francisco.
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

配車サービスの米ウーバー・テクノロジーズは29日、世界のマーケティング部門で従業員を3分の1削減すると発表した。最高経営責任者(CEO)は事業の伸び悩み懸念への対応を図っている。

  ウーバーは約400人の従業員を解雇する。ダラ・コスロシャヒCEOが同日、電子メールで従業員に通知した。

  ブルームバーグが閲覧した同メールによると、コスロシャヒCEOは「当社は急成長したが、伸び悩んでいるという全般的な感覚がある。会社が大きくなるにつれてこうした状況が起きるのは自然だが、速やかに対処する必要があることだ」と指摘。「当社のチームの多くは大き過ぎて、作業の重複を招き、不透明な意思決定を助長しており、平凡な結果につながりかねない」と付け加えた。

  ウーバー株は5月に上場し、現在は新規株式公開(IPO)価格をわずかに下回る水準で取引されている。

  今回の人員削減は、ウーバーの世界全体のスタッフの約1.6%に相当する。ジル・ヘーゼルベーカー氏がマーケティングとコミュニケーション部門の責任者に先月就任して以来、同部門にとって初めての大幅な再編となる。

原題:Uber to Cut About 400 Employees, Citing ‘Mediocre Results’ (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE