コンテンツにスキップする

【NY外為】ポンドが下落、合意なき離脱の懸念強まる-ドル上昇

更新日時

29日のニューヨーク外国為替市場では、ポンドが大幅安。英国の合意なき欧州連合(EU)離脱の可能性、およびそれが英経済に悪影響を及ぼし得るとの見方が強まった。利下げ観測を背景にオセアニア通貨も安い。これらを背景に、米ドルが上昇。トランプ米大統領は今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)定例会合を前に、米金融当局をツイッターで攻撃した。

  • ニューヨーク時間午後4時46分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%高。トランプ氏が米金融当局に一段と積極的な金融緩和を促した後、同指数は一時6月3日以来の高値をつけた
    • 米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ヘッジファンドなどの投機筋は7月23日終了週にドルのロングポジションを縮小した
  • ポンドは2017年3月以来の安値に下落。ジョンソン英首相は合意なき離脱への準備を強化した
  • ポンドは対ドルで1.3%安。一時は1.4%下げた
  • ドルは対ユーロで0.2%安の1ユーロ=1.1147ドル。対円では0.1%高の1ドル=108円77銭
EUR/GBP spike puts major downsloping trendline in play

欧州時間の取引

  ポンドが主要10通貨で下落率トップ。ジョンソン英首相が合意なき離脱への準備を強化したことが背景。ニュージーランド・ドルも安い。市場は来週の同国での利下げを高い確率で織り込んでいる。

原題:Pound Underperforms G-10 Peers on Brexit Worries: Inside G-10(抜粋)

Pound Falls as No-Deal Brexit Takes Center Stage: Inside G-10

(相場を更新し、新たな情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE