コンテンツにスキップする

「悪くなる一方」のユーロ圏経済、4-6月成長は0.2%に鈍化か

  • ユーロ圏では今週、重要な経済指標の発表が相次ぐ
  • インフレ率も総合、コアとも1%付近の弱い数字となる見込み
A shopper walks across the street holding a bag from Springfield in Madrid, Spain.

A shopper walks across the street holding a bag from Springfield in Madrid, Spain.

Photographer: Antonio Heredia/ Bloomberg

A shopper walks across the street holding a bag from Springfield in Madrid, Spain.

Photographer: Antonio Heredia/ Bloomberg

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は先週、見通しは「悪くなる一方」だと発言したが、本当にどの程度悪いかが今週明らかになる。

European Central Bank President Mario Draghi Announces Rates Decision

ドラギECB総裁

Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

  4-6月(第2四半期)のユーロ圏域内成長率は恐らく0.2%と、トレンドを下回るペースとなったもよう。域内の景況感調査は貿易摩擦と需要後退に企業が苦戦している詳細な状況を浮き彫りにし、今四半期の回復の望みを失わせるかもしれない。

  ダイムラーやルノーなど製造業企業から弱気の見通しが相次ぐ中で、サービス業が景気を支えるのにも限りがありそうだ。

Euro-Area Pain

The economy probably expanded just 0.2% in the second quarter

Source: Eurostat, Bloomberg survey

  ブルームバーグのエコノミストらはユーロ圏の成長率が第1四半期の0.4%から第2四半期に0.2%へと減速した公算が大きいと予想。第3四半期も弱さが続いてトレンドを割り込み、9月には大規模な金融緩和パッケージが見込まれるとしている。

  今週発表される消費者物価指数も、総合、コアともに1%付近の弱いインフレ率を示す見通し。26日公表された長期のインフレ期待も低下していた。今週発表の指標とエコノミスト予想は以下の通り。

DayCountry/DataForecastPrior
TuesdayFrance GDP (2Q)0.3%0.3%
Germany inflation (July)1.3%1.5%
Euro-area economic confidence (July)102.7103.3
WednesdayEuro-area inflation (July)1.1%1.3%
Euro-area GDP (2Q)0.2%0.4%
Euro-area unemployment (June)7.5%7.5%
Germany unemployment (July)5.0%5.0%
France inflation (July)1.2%1.4%
Italy inflation (July)0.5%0.8%
Italy GDP (2Q)-0.1%0.1%
Spain GDP (2Q)0.6%0.7%
ThursdayNetherlands, Spain, Italy, France, Germany, euro-area manufacturing PMI (July)----

原題:Europe Is About to Find Out How Bad the Economy Has Become(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE