コンテンツにスキップする

香港の暴力的抗議、容認されない-中国国務院事務弁公室が異例の会見

  • 「平和的な行進とデモの範囲を大きく逸脱」と主張
  • 「法治の文明社会で暴力的行為が決して容認されることはない」

中国国務院の香港・マカオ事務弁公室は29日、北京で異例の記者会見を開き、香港での暴力的な抗議は容認されないと明言した。

  同弁公室の楊光報道官は、香港の政府と警察への支持への支持をあらためて示すとともに、香港が1997年に英国から中国に返還されて以降、香港の自治を保障している「1国2制度」に中国は引き続きコミットしていると述べた。

  その上で「香港で最近起きたことは平和的な行進とデモの範囲を大きく逸脱しており、香港の繁栄と安定を損ねた。『1国2制度』という原則の肝要に触れた」と主張。「法治の文明社会で暴力的行為が容認されることは決してない」と語った。

  香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)によれば、同弁公室の記者会見は英国の香港統治が終わってから初めて。

  29日の香港株は下落。ハンセン指数は前週末比1%安で引けた。香港上場の本土銘柄から成るハンセン中国企業株(H株)指数は0.7%値下がり。

原題:China Says Hong Kong Unrest ‘Beyond Scope’ of Peaceful Protest(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE