コンテンツにスキップする

「合意なき離脱」、英もEUも産業界も準備整わず-CBIが警告

  • 経済にとって重要な分野で準備が十分整っている分野は存在しない
  • 27分野を検証したところ準備不足はEUサイドでより顕著とCBI

英国の欧州連合(EU)からの離脱期限である10月31日に「合意なき離脱」が起きる事態に対処する準備が、英国もEUも整っていないと英産業連盟(CBI)が危機管理に関する報告書で分析した。

  CBIは28日公表した報告書で、「経済にとって重要な分野のうち、英国とEU、産業界の全てで合意なき離脱の準備が十分整っている分野は存在しない。どこも準備ができていない」と指摘した。

U.K.'s New PM Boris Johnson Takes Up Office

ジョンソン首相

Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

  ジョンソン新首相は、港湾作業の遅れや医薬品など生活必需品の不足といった経済的な混乱を招く恐れのある合意なき離脱に備えて、準備を加速させると約束した。

  人とモノの移動、アイルランド国境、自由貿易取り決めを含む27分野を検証したCBIの報告書によれば、準備不足はEUサイドでより顕著になっている。報告書を執筆したCBIのEU交渉担当責任者ニコル・サイクス氏は「合意なき離脱の可能性がますます高まってきたように思える。英国とEU当局が多くのことを行ったが、あらゆる面で準備に改善の余地がある」との見解を示した。
  

原題:Neither EU Nor U.K. Ready for No-Deal Brexit, Study Finds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE