コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

FOMCの動き、データから読めず-利下げ「確実」でも安心できない

  • データが声明の文言変えることはほとんどあり得ない-サイモンズ氏
  • 取引高は夏季にしても非常に少ない、トレーダーは確信持てず
The Marriner S. Eccles Federal Reserve building stands in Washington, D.C., U.S., on Monday, April 8, 2019. The Federal Reserve Board today is considering new rules governing the oversight of foreign banks. Chairman Jerome Powell said the Fed wants foreign lenders treated similarly to U.S. banks.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

今週は米経済の状態を示す指標が多数発表される。しかしトレーダーらはデータより、米連邦公開市場委員会(FOMC)からヒントを得ようとするだろう。データはこれまでのところ、政策の道筋のヒントにはなっていないからだ。

  31日に広く予想されている利下げは、経済指標に促されたものではない。経済指標は米金融当局が重視するコアインフレ率の上昇や半世紀ぶり低水準に近い失業率を示すと予想されている。

Federal Reserve Board Holds Open Meeting

ワシントンの米連邦準備制度理事会(FRB)本部

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  従って、10年余りで初の米利下げの後に何が起こるかは不明瞭で、トレーダーらが不安を感じるのは驚くに当たらない。市場は今年に入って大半の期間、利下げを織り込んでいたが、金融当局からのシグナルを読み取るのは難しかった。

Markets are still pricing more than half a point of rate cuts this year

  6月とは対照的に、先週の取引高は夏季にしても非常に少なかった。確信を持てないトレーダーらは利下げ予想が当たりそうであるにもかかわらず、取引を手控えている。

  ジェフリーズのシニアマネーマーケットエコノミスト、トマス・サイモンズ氏は、「いずれかのデータが声明の文言をどちらの方向にせよ、大きく変えてしまうことはほとんどあり得ない」と言う。7月の後の追加利下げの可能性について同氏は、「必ずしも適切だとは思わないが、当局が何をするべきかについて考えるのはやめた。当局がすることを見守るだけだ」と話した。

  市場は31日に少なくとも0.25ポイントの利下げを予想している。当局はこの期待を満たしても、タカ派の印象を残すことがあり得る。トレーダーらは利下げとともに、必要なら追加緩和をするなどのハト派的なコメントを期待しているからだ。一方、現在のポジショニングに対する主要なリスクとして、0.5ポイント利下げの可能性もある。

原題:Traders on Edge as Fed Looks Poised for Data-Independent Easing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE