コンテンツにスキップする

ジョンソン氏:離脱協定の再交渉、アイルランド安全策外しを再度要求

  • 「バックストップを外す必要があり、そうすれば前進できる」と同氏
  • 英議会が3度否決した案が「最善かつ唯一可能な合意」とユンケル氏

ジョンソン英首相は27日、欧州連合(EU)とより広範な取り決めを締結できるまでの間、アイルランド国境へのハードボーダー(物理的壁)設置回避を保証する「バックストップ(安全策)」条項を離脱協定案から外す必要があるとの立場をあらためて示した。

  ジョンソン首相は、フランスのマクロン大統領およびドイツのメルケル首相との26日の電話会談で、離脱協定案の再交渉を望む意向を伝えた。ジョンソン氏はその翌日にマンチェスターで、「非民主的なバックストップ、わが国を分断しようとするバックストップが残る限り、それを行うことはできない。それを外す必要があり、そうすれば前進できる」と語った。

U.K.'s New PM Boris Johnson Takes Up Office

ジョンソン首相

Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

  EUの行政執行機関である欧州委員会のユンケル委員長は、ジョンソン首相の就任後に行った電話会談で、メイ前英首相がEUと取り決めたバックストップ条項を含む離脱協定案の再交渉を求めるジョンソン氏の要求を拒み、英議会が3度にわたり否決した同案こそ「最善かつ唯一の可能な合意だ」と主張した。

  ジョンソン氏は「英政府のアプローチは、彼らがわれわれのところに来るのをぼんやり待ったりするようなものにはならない。われわれはこの問題の解決に努力するつもりだ。友好協力の精神の下でそれをやらざるを得ないだろう」と述べた。

原題:Boris Johnson Repeats Backstop Must Be Dropped From Brexit Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE