コンテンツにスキップする

中国、コングロマリット規制へ-金融のシステミックリスク阻止で

  • 規制上の真空地帯があり、リスクが積み重なりつつある-人民銀
  • 一般からの意見を8月24日まで募っている
relates to 中国、コングロマリット規制へ-金融のシステミックリスク阻止で
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
relates to 中国、コングロマリット規制へ-金融のシステミックリスク阻止で
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国は本土の金融業界にシステミックリスクとなり得るコングロマリットの規制を始める計画だ。

  中国人民銀行(中央銀行)は26日、複数の金融セクターをまたぐ事業を持つ非金融の事業会社もしくは個人は「金融持ち株会社」と分類され、人民銀からの免許取得が必要になるとの提案を示した。

  「非金融会社の投資によって創設されることが多い一部の金融持ち株会社が、金融業界でやみくもに事業を拡大している」と人民銀は指摘。「規制上の真空地帯があり、リスクが積み重なりつつあるほか、野ざらし状態が続いている」とコメントした。

  人民銀は昨年、海航集団(HNAグループ)と復星国際、中国恒大集団、明天控股に加え、螞蟻金融服務集団(アント・ファイナンシャル)など大手インターネット会社は事実上の金融持ち株会社との見解を示している。

  今回の提案では銀行資産5000億元(約7兆8900億円)超や金融資産1000億元以上などを金融持ち株会社の条件としており、一般からの意見を8月24日まで募っている。

原題:China Proposes Tighter Oversight of Financial Holding Firms (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE